オイルカラーiNOA イノア誕生! / 広島市安佐南区上安の美容室・美容院ange(アンジュ)

NEW!2020-07-31

カテゴリー:

オイルカラーiNOA イノア誕生!

ヘアカラーができて、約100年以上経ち、

科学の進歩が止まらない!

染め粉と言われる、粉末ものから始まり、

100年前にできた、酸化染料と言う、今も昔も変わらない、クリーム状のヘアカラー、

そして、ジェル状のヘアマニキュア。

カラー剤のトリートメント成分や、使用する水、カラー(色)のバリエーションは豊富になったものの、ヘアカラーに関しては

『大きな変化』

はなかったように思います😅

そんな中、2019年に美容業界も驚く

新しいヘアカラーが登場しました‼️

その名も

『INOA』イノア

今世紀初の『オイル』で染める

オイルカラーの発明だ‼️

オイルカラーって。

今年発売されたINOAイノアは、

水を主成分とした従来のヘアカラーを100年前に開発した、ロレアルが、さらに進歩し、

20年以上の研究により、主成分を60%以上オイルで構成し、

オイルで髪が染まる原理を、

ロレアルが開発しました!

オイルカラーと今までのカラーとの違い

従来のカラーは、髪の表面である

キューティクルを、薬の力で開かせて、

その隙間から、脱色剤やカラーの染料を

浸透させていました。

オイルカラーは、

ODS(オイルデリバリーシステム)と言って、キューティクルを開かずに、オイルの力で髪の毛を密封し、オイルで密封されたカラーの染料が圧迫され、通常のキューティクルの隙間から浸透圧によって、カラーが入り込んでいく、全く新しい染まり方です。

INOA イノア オイルカラー
INOAの染まり方

ダメージの違い

大きな違いは、キューティクルを薬品の力で開いて浸透させるか、

それとも、

キューティクルを開かずに、圧迫して浸透させるのか。です。

ここが大きな違い。

イメージしてお分かりだろうか?

キューティクルを開くということは、

髪の毛がゲバだっている状態です。

そのままだと、髪と髪が引っかかりますよね?

染料を浸透させるときに、薬品の力でこじ開けていたキューティクルを、

オイルの浸透圧で、

キューティクル開閉をなくし、カラーを浸透させるオイルカラーは、

まさに最新のテクノロジーだと思います。

今までの染まる概念が、完全に覆りました‼️

 

色持ちの違い

今までのカラー剤のように、キューティクルを開く、そして閉じるまでに時間がかかります。約1週間とも言われます。

もちろんサロンでもトリートメントやチェンジリンスといったケアをして、

なるべく褪色しにくい環境を整えますが、

それでも、染めたては、髪の内部が不安定で、

染めたて1週間程は、シャンプーの度に少しずつ、

染料も流出しています。

褪色しています。

イノアは、そのキューティクル開閉がないので、

単純に浸透した後も髪の内部が安定していて、

更にキューティクルも開いていないので、

カラー染料の流出が少ないです。

ですから、カラーの染料が閉じ込められている状態が、

長く続きます。

今までの髪のダメージにもよりますが、

明らかに色持ちの違いを感じると思います。

 

※放置時間はおよそ30分から35分。だんだんオイルが浮いてきて、ツヤツヤな質感があらわれますよ。

 

仕上がりの違い

もちろん髪を脱色する力や発色のパワー

は、従来のカラー剤の方がよいです。

 

しかし、日本人の文化は、ブラウンベースがほとんどです。

自然なブラウンで、ツヤが欲しいのであれば、私は断然オイルカラーを推奨します‼️

 

左:ビフォアー 右:アフター

実際に試してみないとわからないかもしれませんが、塗るという工程は変わらないものの、カラーをする際のツンとしたアンモニア臭や、チクチクした刺激もなく、

カラーしている時間もとても、ストレスがないのが特徴!!

まさに、これからの新しいヘアカラーの考え方の幕開けを感じさせる、素晴らしいカラー剤だと思います‼️

 

ちなみに白髪もわりとしっかり染まります。

白髪染め❕っていうことではないですが、「ブラウン」という色味で施術すれば

従来の「白髪染め」と変わらない位の染まり具合で出来ます。

 

価格の違い

INOAは、若干高価な商品で、通常のカラーに2000円から3000円プラスの場合が多いです。。

アンジュでは通常のカラー料金に1500円プラス(税抜)いただいております。

髪の毛は一度ダメージがかかると、治るのに時間がかかります。

酷い場合は、切らなくてはいけなくなるケースもあるくらいです。

できる限り、カラーによるダメージを抑えることで、毎日のお手入れがしやすくなると思うので、『キューティクルを開かない』という、オイルカラーはとても魅力的です^_^

 

まとめ

お客様がイノアカラーの一番違いが分かる点はカラー後の臭いがしない点だと思います。

あとは自宅でのシャンプー時の手触りとドライ後のサラサラ感ですね。

まだオイルカラーを使用しているサロンは少ないですが、ダメージも少なく、色持ちもよいオイルカラーは、長年ヘアカラーに携わってきた私も、驚くところが多いし、一度イノアで染めたお客様のリピーターがとても多いです。質問などありましたら是非お寄せください!

 

ange hair place